熟女出会い系サイトでのメールのやり取りで失敗しないためのコツ

熟女出会い系サイトでのメールのやり取りで失敗しないためのコツ

実際に会う前にメールで仲良くなるってこと、よくありますよね。

更には、会わなくてもメールだけの関係で親しくなる関係。

男性でも女性でも、モテる人というのはメールの書き方も、使い方も上手です。

あなたも、メールを送って失敗しちゃった経験ってありませんか?

ここでは、

「もうメールで失敗しないための」

ちょっとしたコツを教えます。

ネガティブな言葉は使わない

モテる人は言葉選びが上手です。

何気ない会話の一つでも、ネガティブな言い回しをされるとテンションが下がりますよね。

例えば、

「今度の土曜日○○に行ってみない?」

といった誘いのメールに対して、

「土曜日は混んでそうだし、他の日がいい」

とか

「そこは前にも行ったことがあるけど、いまいちだったから他の所にしない?」

と返信したとします。それが一度だけならまあ、特に気にもならないのですが、大体いつも、どちらかと言えば

「う~ん・・・それは、あんまり・・・」

みたいな反応をする人っていますよね?

人によってはそういうイマイチの反応を一度や二度されただけでも、もうあんまり誘いたくないなって感じてしまうことだってあると思います。

ネガティブな返事をされるたびに

「そっか~。じゃあ、こうしない?」

などと明るく交わせたら良いのですが、ネガティブな事を言われると

「もう、いいや」

ってなるのが人間ですよね。

デートの誘いに対し、

「面白そう~!行ってみたい。」

「楽しそう~。いいね!」

と言われる方が相手も嬉しいに決まってますよね。

やはりネガティブな言い回しよりもポジティブな言い回しのほうが、特に文章だけで相手の顔や表情の見えないメールですから良いと思います。

何が言いたいのかよくわからない長文メールは良くない?

たまに暇つぶしで送ってきてるのかな?と疑いたくなるような、たいして内容も無いメールをする人っていませんか?

それが絶対にいけないというわけではありませんが、何がいいたいのかよくわからないようなメールや、何を言って欲しくてこんな事を書いてくるのかな?と思われてしまうメールは良くないと思います。

最初はお互い楽しくて続けていても、どこかで???と思われてギクシャクしたり、面倒くさいと思われたりして、損をします。

決して思わせぶりな内容を書いてはいけないとは言っていませんが、ただただどうでも良いことを長文で送ったり、あの時はこういうことを伝えたかった的な、あとから過ぎたことを話題にしたりするのもあまり良いメールとは言えないでしょう。

質問にちゃんと答えていないメール

これは男でも女でも言えることですが、こちらから何か質問しているのにそれに対しての返事がいつもちゃんと返ってこないとか、二つの質問に対して一つしか答えていない人っていませんか?

それが、答えにくい内容の質問でなく、たわいもない質問であったとしてもです。

そんな時、

「この人はちゃんと人のメールを読んでいないんじゃないか?」

とか、もっと言うと人の話をちゃんと聞かない人なんじゃないか?と思われてしまいます。

相手から適当な人だと誤解されないためにも、質問されたときにはきちんと答えるべきです。

もしも、答えづらい場合は、相手にそのことを伝えれば済むことです。

内容も大事だけど、返信までの時間はもっと大事

メールの内容も大事だけど、実際のところメールで親しくなる近道は、返信までの時間で決まると言っても過言ではないと思います。

相手が自分のことをどのくらいちゃんと考えてくれているかは、返事をくれるタイミングが早いか遅いかで決まると思っている人も少なくないと思います。

もちろん、気になっている人からのメールだったら尚更です。

何時間経っても返事が来ないと、

「仕事で忙しいからって、トイレに行くときにパッと見ることだって出来るでしょ?」

と相手の男性に対して怒っている女性の姿を見ることはよくあることです。

特にこれから恋が始まろうとしているときに、その辺の温度差があるカップルはその後もなかなか発展しないんじゃないでしょうか?

気になる人が相手なら、メールは出来る限りすぐに返信することが、メールで失敗しないためのコツです。

タイトルとURLをコピーしました