実は歴史の浅い姓名判断は多数の流派で解釈も様々

実は歴史の浅い姓名判断は多数の流派で解釈も様々

姓名判断とは、人の姓名から名前の字画数を見ることで、天格・人格・地格・外格・総格の「五格」からその人の持つ運勢を知ることができる占いの方法です。

赤ちゃんの名付けや、開運のための改名にも使われます。

姓名判断には多数の流派があるため、鑑定する人や本によっても解釈が違ってくることがありますが、どれが正しいというものではないので、どれが良いかはそれぞれの判断になります。

姓名判断の起源は古代中国の五行説、陰陽説であると言われていますが、中国で生まれたとされる姓名判断は、現在日本で使われているものとは別物と考えられています。

現在の日本で用いられる、画数をもとにした姓名判断の歴史は比較的浅く、明治時代一般市民の間に姓を名乗ることが定着し、自身の姓名についての関心が高くなったことがきっかけです。

昭和初期には大衆に広まり、そこから現代に至るまでの進化の中で様々な流派に分かれ、その数は一説では300以上あるとも言われています。

姓名判断では、天格・人格・地格・外格・総格の5つの格がそれぞれ異なる意味を持っており、それぞれの画数からその人の持つ運勢や運命を占います。

天格は宿命的な運、人格はその人の持つ才能や性格、地格は家庭運や健康運、外格は対人運や結婚運などの人間関係、総格は一生を通した総合的な運勢を示します。

現在の姓名から運勢を占うだけでなく、赤ちゃんに付けると良い名前を姓名判断から考えたり、自分の 運勢を切り開くため、より良い名前に改名したりといった使われ方もします。

電話占い
熟女出会い系サイトで願いを成就させるためのコツ【https://cskastore.com/】
タイトルとURLをコピーしました