熟女との出会いの成功率を高めるための3つのメールテクニック

文字でしか表現できないメールを送るだけで、見ず知らずの相手に「会いたい」と思わせるなんて、かなり至難の技である。

だからと言って、文字だけではそっけないからと、大人の男がやたらと「絵文字」を使うべきではない。

ましてや、かなりの男前ならいざ知らず、「写真」を送りつけるのもちょっとリスクが高い。

(男の人で、写真を撮られなれていて、写真の方が実物より男前、というケースはあまりないように思うので。)

では、どうするのか。

メールで「会いたい」と思わせるのではなく、「会ってもいいかな」と思わせるのだ。

「会いたい」には、かなり魅力的な特徴が必要だが、「会ってもいいかな」には、そこまでの長所は不要である。

どんな人なら「会ってもいいかな」と思ってもらえるのか…。

それは、いわゆる「ザ・普通」とでも表現すればいいだろうか。

要するに何のアピールすべき特技、特徴もないようなタイプだ。

このタイプには、「特別アピールすることもないけれど、ギラギラもしていない」という、安心感がある。

これは実はかなりの特筆すべきアピールポイントだ。

人間は「普通」に安心するので、何と言っても「普通」に限るのだ。

しかし、人によって「普通」の基準が異なるのである。

人がそれぞれ考える「普通」=「自分と同じ」ということではないだろうか。

そこで、メール上のやり取りであっても、とにかく「相手の話をよく聞く」ことを実践しよう。

女性は、あまり考えをまとめずに思いついたままを話す人が多い。

それを優しく、「うん、うん。」と聞いてあげるとポイントが高い。

それが例え悩みごとや、愚痴であっても、解決方法を求めていないことが多いので、ひたすら「聞くに徹する」のだ。

そうしているうちに、自分との共通点に相手の話が及べばこっちのものだ。

これは文章上でも素直に喜んで良いところだ。

相手も「共通の趣味」が出来た感覚で嬉しくなるに違いない。

何より、共通の話題を発見しておくことで、実際に出会った後も会話が続くというメリットがある。

是非とも実践してみて欲しいと思う。

タイトルとURLをコピーしました